天鉄JR鉄道情報局

桜井線で正月臨時ダイヤを実施


 1月1日~3日まで桜井線では沿線の大神神社への参拝客への対応のために、通常では奈良~桜井は30分ヘッドなのを奈良~桜井で20分ヘッドにする臨時ダイヤで運転されました。

 臨時ダイヤは1時間に奈良~桜井が1本。奈良~高田が2本運転され、高田行の内1本は高田で和歌山線和歌山行に接続と言う形になり、通常の奈良~和歌山の大系統の運転は高田で分断されて運転されました。

 車両は、

 105系→596+593運用の重連1編成を使用(この運用は1つはダブルパンタ運用)
c0141064_19123419.jpg

 撮影地:帯解~櫟本 撮影日:1/3


 103系4連→奈良線で運用が終わった後の41Aと54Aを使用。どちらも一度天理に回送された後再び奈良に回送されました。
c0141064_1913269.jpg

 41A回送。この後再び天理から出区し、臨時ダイヤに使用されてます。
 撮影地:帯解~櫟本 撮影日:1/3

c0141064_1914277.jpg

 54A奈良行。54Aも41Aと同じように一度天理に回送されてます。
 撮影地:帯解~櫟本 撮影日:1/3

 
 103系・201系6連→69Aが朝にある王寺発桜井線経由奈良行の運用の後そのまま臨時ダイヤで使用されました。
c0141064_19152252.jpg

 この運用は元々奈良出区→王寺駅→(桜井線経由奈良)→奈良駅→天理駅→翌日
 と言う運用で、1列車しか担当がない運用です。
 撮影地:帯解~櫟本 撮影日:1/3

 
 221系4連→C0418が朝にある王寺発桜井線経由奈良行の運用の後そのまま臨時ダイヤに。また、臨時多客運用のC2315運用として1編成が臨時ダイヤに使用されました。
c0141064_19163263.jpg

 C0418運用の列車。この運用も桜井線で1列車の運用があるのみです。
 撮影地:帯解~櫟本 撮影日:1/3

c0141064_1917299.jpg

 C2315運用の列車。2300代臨時運用が運転されるのは宇治花火以来となります。
 撮影地:帯解~櫟本 撮影日:1/3


 また、高田行では103系や201系は‘桜井線高田’を出す車両も居るなどして正月らしい光景が見られました。

c0141064_19181269.jpg

 駅の案内表示。ほとんど20分に1本電車が出るのが分かる。
 撮影地:奈良駅 撮影日:1/3


 投稿者・撮影者:205Turbo16
[PR]
by oji-103 | 2009-01-04 19:18